sb-64

入園入学の必需品!スクールバッグの作り方です。マチ付き裏地付きは難しそうですが意外と簡単に作ることが出来ます。しかも、持ち手などの固い所の縫い目なども中に入ってしまうので緊張せずに縫い進めることが出来ますよ。

出来上がりサイズ

横(上部)42㎝ x 縦(中心) 31㎝ x マチ 6㎝
横(下部マチからマチまで)35㎝ x 縦 (横のマチから上部まで) 31㎝

用意するもの

表地上部:横44㎝x縦24㎝-2枚
表地下部:横44㎝x縦24㎝-1枚
表ポケット:横18㎝x縦18㎝-1枚
裏地:横44㎝x縦66㎝-1枚
アクリルテープ:25㎜幅x35㎝-2本

生地を裁断する

sb-13

洗濯により縮むので水通しをしておきましょう。

※表地をつないだ時に裏地が2㎝短くなるようにしてあります。表に返した時に裏地のだぶつきをなくすためです。

表地をつなぎ合わせる

sb-15sb-16

表地を縫い代1㎝でミシンで縫い合わせる。
縫い代を下の生地へアイロンで倒しておく。

ポケットを作る

上部を除く3辺にジグザグミシンをかける(画像はロックミシン)

sb-22

3辺を1㎝のところでアイロンをかける。

sb-18sb-23

上部を1㎝-2㎝でアイロンをかけ三つ折りにする。

sb-19sb-20

上部の三つ折り部分にステッチをかける。

sb-21sb-26

本体にポケットをつける

ポケットにタグなど飾りを付け、本体にポケットを縫い付ける。
画像では上部から11㎝の所中心にポケットを縫い付けました。

sb-27

持ち手を付ける

sb-28sb-29

中心を10㎝開け持ち手を取り付ける。
端から1㎝の所をミシンで縫い付ける(この部分の縫い目は中に入るので何色の糸でもOKです)
強度を持たせるために1.5往復縫いました。

持ち手が内側を向くように取り付けて下さい。

表布と裏布を合わせる

表布と裏布(持ち手の付いている44㎝の方)を中表に合わせる。

sb-30

反対側は2㎝裏布が短くなっていますがピッタリ合わせて待ち針やクリップで留める。

sb-32sb-33

バッグの上部分を縫う

先程留めた44㎝の部分を縫い代3㎝でミシンで縫う。

sb-34sb-35

マスキングテープなどで印をつけておくと縫いやすいです。

縫い代をたおす

縫い代をアイロンで裏地の方に倒しておく

sb-46

輪を表地と裏地に分ける

縫いあがって輪になった布を表地側と裏地側に分け布と布のつなぎ目が合うように待ち針で留める。

sb-37sb-38

sb-39sb-40

4角をカットしマチ部分を作る

sb-41

横3㎝x縦2㎝でカットする。(角4つ全部)

サイドを縫う

サイドを縫い代1㎝で縫う(裏地の片方を10㎝縫わずに開けておく→返し口になる)

sb-43sb-44

縫い代をアイロンで割っておく。

マチを作る

マチ部分を開いて台形のようにする(4辺)

sb-44sb-45

マチ部分の表地と裏地を重ねる。
サイドの縫い代が内側同士になる。

sb-48sb-49

このようになりますが間違いではありません。

sb-51

縫い代1㎝で縫う。

sb-56

表に返す

サイドの10㎝の開いたところから表に返す。

sb-57sb-58

しわしわなのでアイロンをかける。

sb-59

裏に返して返し口をまつる

sb-60sb-61

今回はコの字で手縫いでまつりましたが、2枚重ねてミシンで縫ってもOKです。

上部にステッチをかける

形を整えて端から5㎜のところにぐるっと1周ステッチをかけたら出来上がりです。

sb-62sb-63

まとめ

簡単!裏地付きマチ付きスクールバッグの完成です。

持ち手を先に縫い付けることで、1-本体への縫い付け。2-表地と裏地の縫い合わせ。3-最後のステッチ。の3回持ち手を縫った事になり見た目よりかなり強度が出ていると思います。

また、生地を縫い合わせてからマチ部分をカットすることで生地カットや縫製のゆがみを気にすることなくきれいにマチが出来ました。
カットせず三角に折ってマチを作るよりもきれいに簡単にマチを作ることが出来ます。
また、裏地と表地を重ねて縫う事で表に返した時の納まりがいいです。

今回は表地よりも裏地を2㎝短く裁断しました。
裏地は内側に来るので同じサイズにして作ると裏地がダブついてしまいます。また2㎝短くすることでほんの少し生地が中に入るので裏地が外にはみ出ることなく作ることが出来ました。

今回は男の子のバッグをイメージして作りました。男の子バッグは暗くなりがちですが、裏地を明るくすることですっきりかわいいバッグに仕上がったと思います。裏地があると凝ったつくりに見えますし縫い目も気になりませんので是非作ってみて下さいね。

スポンサーリンク