sc-00sc-96

学生さんなど目立たずサニタリーケースを持ち歩きたいですね。タオルを持ってトイレに行くのは当たり前!かわいいタオル地でサニタリーケースを作ってみました。ポケットティッシュケースの作り方の応用で簡単に出来ますのでぜひ作ってみて下さい。

用意するもの

表布1:タオル地 28x15cm-1枚
表布(裏側):この説明では黄色チェック地 14x15cm-2枚
裏布:51x15sm-1枚
接着芯:3x15cm-2枚
プラスナップ-1組(専用工具必要)なければスナップで代用して下さい。

生地を裁断し、表布(裏側)に接着芯を貼ります

sc-77

sc-80

接着芯はスナップを付ける位置の補強に使います。
縫い代1cm内側に入ったところにアイロンで貼り合わせます。

この時ネームタグなど付ける場合は縫っておきます。

表布を縫い合わせます

sc-m1-01
sc-82

接着芯の貼ってある方を縫い目側にしてタオル地と表地を縫い合わせます(縫い代1cm)

裏布と表布を中表にしてサイドを縫い合わせます。

片側が返し口になりますので両端3cm程縫い真ん中を開けておきます。
タグの付いていない方を返し口にするといいでしょう。

sc-m1-03

裏布を少し短めにしておくと返した時のだぶつきが抑えられます。

アイロンを掛けて片側のみステッチを掛けます

sc-84

裏地が見えないようにアイロンを掛けるのがポイントです。
返し口の無い方にステッチをかけます。

sc-m1-02

8の字に折りたたみ縫い合わせます

sc-87

中表に戻して8の字に折りたたみます。
タオルを下にして縫い目の通り折りたたみ、クリップで留めます。

sc-m1-04

縫い代1cmで縫い合わせ角を落とします。

表に返して返し口にステッチします

sc-89

返し口から表に返します。
細い棒で角を出します。
しわがあればアイロンを掛けます。

sc-90

ステッチを掛けます。
段差があるので縫いはじめはこの向きで、端まで縫ったら返し縫ボタンで少し下がってから布を回転させて縫うと縫いやすいです。

プラスナップをつけます

sc-92

プラスナップがなければ普通のスナップでも構いません。
またスナップなしでもお使いいただけます。

完成

sc-96
sc-95
sc-97

出来上がりサイズ

開いた状態: ヨコ-26cm タテ-12cm
閉じた状態: ヨコ-13cm
厚み: 2.5cm

タオル地なので難しそうですが、綿の布を合わせることで縫いやすいと思います。
裏地も付いていて難しそうですが意外と簡単に作れますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

こちらのサイズで夜用のナプキンも入れることが出来ますよ。

スポンサーリンク